FC2ブログ

黒鏡面スピーカーキズ補修 2018/12/3

2018tkurisu12t2t2.jpg

黒スピーカー打痕補修。

2018tkurisu12t2t3.jpg

キズまわりをカット。

2018tkurisu12t2t7.jpg

パテ埋め、研磨、塗装。

2018tkurisu12t2t4.jpg

何度か塗装し、この日は終わりです。

2018tkurisu12t2t5.jpg

翌日、塗装面を研磨し、ツヤを出して行きます。

2018tkurisu12t2t6.jpg

全体のツヤを合わせ、完成です。

2018tkurisu12t2t8.jpg

全部で5時間くらいの作業でしたが、
2日に分けて入らせていただいたので、スムーズに完了いたしました。
スポンサーサイト

コンクリート素地床面、人口大理石など補修。名古屋に行って来ました。

nagoyatiba2017t9t30t1.jpg

コンクリート素地床補修。
パテ埋め、研磨のみで補修です。

nagoyatiba2017t9t30t2.jpg

地味〜に様々な色のパテを組み合わせて補修しました。

色を合わせるのも大変ですが、磨いてツヤを合わせるのが難しいです。



nagoyatiba2017t9t30t15.jpeg


キッチンカウンターのカケ補修。


下からのビスで割れてしまったそうです。


nagoyatiba2017t9t30t14.jpeg

完成。こちらもパテを何度も埋めて合わせてあります。


nagoyatiba2017t9t30t3.jpg

先月は名古屋まで行って来ました!
名古屋といっても中心街である栄だったのですが
補修が長引いたら…という恐怖から現場から離れないでずっと作業し続け

またまた観光できませんでした。
帰りの新幹線のお弁当が美味しかったな〜(笑)

前回の盛岡、今回の名古屋と新幹線で補修に行くなんて
、とても新鮮な気持ちになりました。
こんな事滅多にないですからね。

〜と思っていたら
「軽井沢に…」って言っている業者の人が今日いました。
盛岡、名古屋、軽井沢と全部違う会社の依頼です。
新幹線で行く現場が流行っているのかなぁ〜
今月も気が抜けません!!!!


nagoyatiba2017t9t30t6.jpg

変色の実験も3ヶ月経過しました。
(下の板が外に置いているもの)
左から2番目が、かすかに緑っぽくなっています。
この2番目は既製品塗料でなく、独自に顔料などで混色したもので、予測ではこれが一番変色しないのでは?
と思っていました。

引き続き経過を見ていきます。

外部塗装、変色の実験。

uretanjikennt2017t1.jpg

外部用に使う塗料の変色の実験。
7月1日から8月1日まで、外に出したサンプル(下)
と室内に保管したサンプル(上)です。


今年の猛暑により、下のサンプルの地の木材が
日焼けしているのがおわかりでしょうか?
これだけ日焼けしていても塗装面は変色していません。

このサンプルは、混色により変色が起こるのでは?という推測のもと
変色がおこりやすいと仮定した組み合わせの色を塗装してあります。


uretanjiken2017t4.jpg


こちらは3年以上前に取手を含め、扉下半分くらい塗装したもので
今でも変色して忌ません。

しかし、変色については経過を見ないと何とも言えない部分があるので
実験は数年続けて行こうと思います。


uretannjixtukenn2017t2.jpg

先月は補修で盛岡まで行って来ました。
「はやぶさ」はじめて乗りました!!!!
盛岡、タクシーで現場、タクシーで盛岡、とまったく観光できませんでしたが
こんな依頼もあるんだなぁ〜と、新鮮な気分で仕事できました。

お盆明けは名古屋に呼ばれています!!!(笑)

幾何学模様のキッチンパネル補修。

kikgakupaneru30t6t1.jpg

幾何学模様のキッチンパネル補修。
はじめて見るキッチンパネルでしたが、
これを直してからというもの、この素材が都市の様々な所で使われているのを
発見する機会が多く、「あっ、またこの素材だ!」と見つけてしまいます。

kikgakupaneru30t6t2.jpg

このパネルで大変なのは
この模様を再現する事で、何度もパテ埋めをして形を作りました。
(平滑にしたり凹凸をつけたりの繰り返しです。)

kikgakupaneru30t6t3.jpg

塗装。
フラットなキッチンパネルと比べると
凹凸がある分、塗装でツヤを合わせるのが簡単です。
(微妙な調整をしなくても吹き付けた部分と既存部分の境目がわかりにくくなります。)

kikgakupaneru30t6t4.jpg

完成。

今回、ツヤ調整が楽だった分、パテ埋めに時間をかけました。
この模様さえ再現できれば、直しやすい素材です。

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

2018年3月補修。

業界が最も忙しい3月が終わり、やっと4月になりました。
当方、毎年3月と言っても少し忙しい程度だったのですが、
今年は違いました。
大変であったと同時に今後の参考になる一ヶ月でした。

落ち着いてお花見など、行いたかったですが
こんなお花見スポットをよく通りすぎるばかり…(笑)

DSCN2203.jpg
プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム