スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床、スピーカー補修。2017.8.19

8月も後半に入りましたが、まだまだ夏バテや熱中症がとりざたされています。
リペアも暑い中の作業が多いので、気を引き締めて行きたいと思います!

yamadat17t8t19t1.jpg

床の補修。
お盆前から依頼されていたこの日はタイルの補修との事で、
道具をタイルに合わせたものを持って行ったのですが、
大きな床のキズが!
前日にこの部分が浮いているとの事で、補強してカットしたそうです。

yamadat17t8t19t2.jpg

持っている材料でなんとか仕上げました。
この写真ではわからないですが
補修箇所のツヤが落ちてしまい、LD扉付近中央の床であった為
目立ってしまいました。(玄関側から見ると非常に目立ちました。)

yamadat17t8t19t3.jpg

翌日、もう一度道具をそろえてツヤを合わせ仕上げました。

張り替えたばかり、ノンワックスでツヤ非常に高い、珍しいタイプの床材だったと思います。

yamadat17t8t19t21.jpg


フルリノベーションの工事でしたので
お客様が少し変わった床材を選択される事も多いのかもしれないし
今後もこういった素材が増えるかもしれないので、
もっと素早く対応できるようにならなければなりませんが、

今回は「この材料で無理だ!」と早めに判断して2日に分けたのが正解だったと思います。

こういう判断も大事ですね。


yamadat17t8t19t4.jpg

アンティークスピーカーの補修。

このスピーカーの写真を見た時に、高さが40cmくらいのものと思い
2〜3時間くらいで直せると判断したのですが

実物を見たら高さが1メートル20くらいありました。
(よく見りぁ後ろエレベーターのボタンだし…なぜ気づかなかった…)

とにかく想定より何倍も大きい!

yamadat17t8t19t5.jpg

円のまわり、色が濃くなっている部分に
スピーカーが固定されます。
見た目はほとんどが隠れるのですが、木部が内部から割れているので
内部の補修をしっかり行います。


yamadat17t8t19t6.jpg

穴を再現。

yamadat17t8t19t7.jpg

完成。
こうやって写真を撮ってみると、一見小さく見えますが
よく見ればやはり大きいです(笑)。
これから数週間かけて内部のメンテナンスを行うそうです。


今回も最初の段階ですぐに4〜5時間かかると判断したので
焦らず仕上げられました。

床、スピーカーと、ウチではよく行う補修でも
少し想定と違う事はよくあります。

そういった時は、強引に進めるのではなく
冷静に判断して、時間をかけて作業するようこころがけています。













スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

水切り補修から4年後の写真、玄関扉の補修。

2013mizukiri17t7t4t1.jpg

これは、今から4年以上前の2013年3月に補修した水切りです。

補修前の写真は見つからなかったのですが

施行時に車が突っ込んでしまったそうで、
30cmくらいの範囲が変形していたのを
「パテ埋め+塗装」で直したものです。

最近、この近くを通りがかったので、覗いてみたところ
補修直後とほとんど変わりなかったので
ブログに書いてみました。

外部まわりの補修は、耐久性が重要です。
都内でよく出入りする地域などは昔補修した跡を
チェックしたりしています。

2013mizukiri17t7t4t3.jpg

玄関扉の凹み補修。

1、足場材などが、ぶつかった様な跡です。

2013mizukiri17t7t4t4.jpg

2、キズまわりを研磨。
見た目より大きな範囲が凹んでいます。

2013mizukiri17t7t4t5.jpg

3、パテ埋め、塗装後。

■パテ埋めは平滑になるまで、何度も繰り返します。
■塗装はピッタリ合った色を作り、吹き付けます。
(もし、少しでも色味が違った場合、拭き取って最初からやり直した方が良いです。)


2013mizukiri17t7t4t6.jpg

4、木目を描いて、透明な塗装でツヤを合わせて完成です。


3の塗装の段階で、最初に吹いた色が少しでも違うと(少し黄色、赤みがかっていたり、明度が違ったりなど)
2層目、3層目の塗装で色を調整して最終的にピッタリ合ったとしても
後々、変色の原因になるので、最初から最後までピッタリの色で塗装するように気をつけています。



テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

子供部屋の床補修。

dennenntosit6t7t1.jpg

床の補修。

dennenntosit6t7t3.jpg

<右のベッド移動後の写真>

大学進学されたお子さんの部屋で、今後別の用途で使いたいとの事で
調整中です。
原因はよくわかりませんがベッド脇の凹凸!

私の憶測ですが、フィットネス・トレーニング器具によるキズではないかと思います。


dennenntosit6t7t4.jpg

パテ埋め→塗装で直します。

dennenntosit6t7t2.jpg

塗装後。 

dennenntosit6t7t5.jpg

ベッド再設置後の写真です。

テーブル カケ補修。2017年4月

majit29t4t27t1.jpg

大学時代の同級生が勤めるメーカーのテーブル補修。
今年新しく出来た施設で使っているものですが
表面が割れています。

majit29t4t27t2.jpg

表面をカット。
強度の高い素材で出来ています(ここまでカットするのが固くて大変でした)が、
外のテラスなどでも使うそうで
強風などで倒れたりした場合、やはり割れてしまうのかもしれません。

割れているのが表面のみで下部まで達していなかったので助かりました。

majit29t4t27t3

パテ埋め、研磨。

majit29t4t27t4

角部分パテ埋め、研磨(念のためパテの色を変えました。)

majit29t4t27t5

塗装。

majit29t4t27t6.jpg

ツヤなどを合わせ、完成。

同級生の仕事だったので、無事終わって良かったです。

〜と思ったら数週間後!
「この間のテーブル、また割れたらしいから再補修お願いします!!」

〜との事!!

「そんなバカな!」
あれ以上強度高めるにはどうしたら良いのか!!?
かなり作戦を練って行ったのですが…
同級生との信頼関係大丈夫か?!

〜など悩んで行ってみると…!!!

majit29t4t27t7.jpg

全く別のテーブルの割れで、新たな依頼でした!

あ〜ビックリした!

このテーブル補修、たまに行く事になるかもしれません。

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

2017年2月補修(賃貸マンションの補修 床、建具。)

春の引っ越しシーズンに向け、
賃貸マンション退居時のリペアが増えております。

hongo17tyukat1.jpg

掃き出し部分フローリングの補修。
長く住まわれていたお部屋だそうで
日焼けと結露で変色しています。

hongo17tyukat2.jpg
完成。

この掃き出しの補修、1年ほど前から強度を高めるために
少し補修方法を変えているのですが、色の調整の仕方が難しいです。
当面、この色合わせを素早くできる事をテーマとしていけ行く予定です。





hongo17tyukat3.jpg

扉表面の陥没補修。

こちらも、普段から多いパターンですが
古い扉、ツヤなどが無く、塗装でぼかしやすい表面かもしれません。

hongo17tyukat14.jpg

内部を木材で補強。

hongo17tyukat5.jpg

パテ埋め→研磨→塗装。

hongo17tyukat6.jpg

木目を描いて仕上げます。




古い賃貸マンションの補修、建具関係も多いですが、
フローリングがメインとなるパターンがほとんどです。

最後に、

椅子などによる床の細かい凹みは補修できますか?
とお問い合わせを多くいただくのですが、もちろん補修可能です。

hongo17tyukat41.jpg

こちらは昨日補修していた床のキズです。

hongo17tyukat42.jpg

広範囲ですと時間はかかりますが、こういった仕上がりです。
ワックスを塗って仕上げていますが、この後にクリーニング屋さんがワックスをかけても
大丈夫ですし、クリーニング+ワックス後でも作業は可能です。

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。