FC2ブログ

テーブル カケ補修。2017年4月

majit29t4t27t1.jpg

大学時代の同級生が勤めるメーカーのテーブル補修。
今年新しく出来た施設で使っているものですが
表面が割れています。

majit29t4t27t2.jpg

表面をカット。
強度の高い素材で出来ています(ここまでカットするのが固くて大変でした)が、
外のテラスなどでも使うそうで
強風などで倒れたりした場合、やはり割れてしまうのかもしれません。

割れているのが表面のみで下部まで達していなかったので助かりました。

majit29t4t27t3

パテ埋め、研磨。

majit29t4t27t4

角部分パテ埋め、研磨(念のためパテの色を変えました。)

majit29t4t27t5

塗装。

majit29t4t27t6.jpg

ツヤなどを合わせ、完成。

同級生の仕事だったので、無事終わって良かったです。

〜と思ったら数週間後!
「この間のテーブル、また割れたらしいから再補修お願いします!!」

〜との事!!

「そんなバカな!」
あれ以上強度高めるにはどうしたら良いのか!!?
かなり作戦を練って行ったのですが…
同級生との信頼関係大丈夫か?!

〜など悩んで行ってみると…!!!

majit29t4t27t7.jpg

全く別のテーブルの割れで、新たな依頼でした!

あ〜ビックリした!

このテーブル補修、たまに行く事になるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

メープルカウンター亀裂補修。引き戸 鍵穴跡(ストライク穴跡)補修。(港区、葛飾区)

aiyamahkaunnta15t7t7t1.jpg

都内の店舗にて、メープルのカウンター補修です。
設置後、しばらくしてから割れてしまったそうです。

お店が13時開店との事で
設置した業者さんと朝6時30分集合!作業開始です!

aiyamahkaunnta15t7t7t2.jpg

このように、段差になっていて、上から押すとかすかに動く感じです。
絶対に動かないよう、業者さんにビスを打ってもらいましたが、
段差は元に戻りませんでした。
(固定できただけで十分です!!!!)

AM7:00作業開始です!

aiyamahkaunnta15t7t7t3.jpg

段差部分を大きくカットし、埋木、パテ埋め&研磨。

パテに色の顔料+ゴールド、パールなどの顔料を混ぜ
時間をかけてカウンターの地の色に近い色を作りました。

この時点でAM8:30


aiyamahkaunnta15t7t7t4.jpg

木目を描き、ウレタンで塗装。
何層か塗装を繰り返しながら、微調整します。

少し、補修箇所の色が濃く見えますが…

aiyamahkaunnta15t7t7t7.jpg

角度を変え、反対から見てみると…
補修箇所の色が薄く見えます。

この、角度による反射の違いを
どちらから見ても、できるだけ違和感の無いように仕上げました。


aiyamahkaunnta15t7t7t5.jpg

AM11:45
ウレタン硬化を待ち、表面を磨いてツヤを合わせ完成です。

今回、早朝からの作業だったのですが、スムーズに仕上げる事ができました。





aiyamahkaunnta15t7t7t14.jpgaiyamahkaunnta15t7t7t13.jpg

引き戸の補修。

鍵の金具が入る穴の補修です。
鍵有→鍵無に変更になったそうです。


aiyamahkaunnta15t7t7t15.jpgaiyamahkaunnta15t7t7t16.jpg

いつもお世話になっている大工さん(〜であり一級建築士さん)に埋木してもらいました。
先ほどのメイプルカウンター同様
職人さんと一緒に入って、補修しやすいように下処理していただくと
作業がスムーズです。

aiyamahkaunnta15t7t7t17.jpgaiyamahkaunnta15t7t7t18.jpg

ポリパテ充填、研磨。

aiyamahkaunnta15t7t7t20.jpg

塗装し、溝を再現して完成。

aiyamahkaunnta15t7t7t21.jpg

白(単色)だったので
短時間で仕上げる事ができました。


aiyamahkaunnta15t7t7t30.jpg

先月からずっと忙しく、久々の日記となってしまいました。
ウチのまわりのリペア業者のみなさん、土日も無く毎日夜遅くまで作業されているので
「忙しい」なんて言っていられないのですが(笑)

最近唯一あった休みの日に
子供とサンリオピューロランドへ行ったら、
その日はたまたま「ふなっしー」が来る日だったそうで
大混雑でした!

ふなっしー、尖ってるなぁ〜
ウチも見ならなわなければ!

そして…この日、無理に休んで出かけないで、補修に行ってた方が楽だったのでは…!!?






テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

キッチンカウンター焦げ跡補修&塗装 大田区

kaunntayagiti14t3t7t1.jpg

キッチンカウンターの焦げ跡補修。

何らかの薬品をこぼして燃え移り、焦げてしまったそうで

内部まで焦げが浸透しています。


kaunntayagiti14t3t7t2.jpg

1、三角刀を使って思い切りカットして行きます。

焦げの部分は弱くなっているので、簡単にカットできます。


kaunntayagiti14t3t7t3.jpg

2、ポリエステルパテ。
2液混合型の強度の高いパテです。
この後の塗装にも耐えられます。


kaunntayagiti14t3t7t4.jpg

3、研磨。
♯120〜♯800くらいで仕上げます。

kaunntayagiti14t3t7t5.jpg

4、2液式のサンディングシーラーを塗装し
無垢の状態になってしまっている表面をコーティング。
しばらく乾燥を待って
混色して作ったベース色(これも2液ウレタン)を塗装。

kaunntayagiti14t3t7t6.jpg

2時間ほど乾燥させます。

この間、お昼に行ったり
片付けしたりしてます。


kaunntayagiti14t3t7t7.jpg

5、ステインで木目を描いて行きます。
(中央から描いてます。)
kaunntayagiti14t3t7t90.jpg



全体を描き終えました。
2色くらいで書くのがポイントです。
(このタイプのカウンターはいろんな色が見えて来ますが、色数が多いと違和感がでます。
昔はよくハマりました…)


kaunntayagiti14t3t7t10.jpg

6、透明なウレタンで最終コーティングし
研磨して艶を合わせます。


kaunntayagiti14t3t7t91.jpg


完成。

kaunntayagiti14t3t7t12.jpg

反対から見た感じも違和感ありません!

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

テーブル焦げ跡補修。 ウォールナット

2013otowateburu12t7t1.jpeg

ウォールナット材のテーブルの補修。
天板の焦げ後補修です。

ウォールナットは方向変色おこしやすいので
難しいですが、艶が半艶くらいなので表面の
塗装は合わせやすそうです。

2013otowateburu12t7t2.jpg

経験上、ここまで焦げていると
表面を掘ってパテ埋めしなければならないのですが…

2013otowateburu12t7t3.jpg

なんと…サンドペーパーで
丁寧に削ると、焦げは取れました。
床材と違って、表面のコーティングが強固なので
表面皮一枚で焦げが止まっていたみたい。

左の部分、少し掘っちゃってから気がつきました!

この後これに苦しめられる事に!

2013otowateburu12t7t5.jpg

掘った部分を中心にポリパテで色を作り
充填していきます。

2013otowateburu12t7t7.jpg

補修箇所まわりを研磨し、サンディングシーラー(2液)塗装後

掘ってパテ埋めした部分の木目をステインで描いて行きます。

写真の中央のやや黄色っぽい部分が
描いている部分。
※2,3枚目の写真と180度違う箇所から撮っています。

そしてウレタン(2液)塗装で仕上げます。

1コ前の写真から5時間かかってます!

この角度からは違和感ありません、しかし…

2013otowateburu12t7t8.jpg

別の角度から見ると
このとおり、このくらい暗くなってしまいます。

ゴールドなどの顔料を混ぜたり方向変色対策しましたが
このくらいが限界!
気のふしっぽくぼかしたつもりです。

いかがでしょうか?


2013otowateburu12t7t9.jpg


黒く沈むのはこの家の中で
先ほどの角度からだけなので
ほぼ違和感ありません。

ウォールナットはできるだけ、埋めて直さない方が良さそうですね。


年末の忙しい時期
突然ですが、美術の展覧会をやります。

補修とは関係無いですが
塗装を応用したようなものも少〜し、あります!

お近くにたちよられた際はぜひ!


マツバアキノリ展2


 2013年12月17日(火)-26日(木)
10時ー18時30分
 日曜、祝日 休廊

ストライプハウスギャラリー STRIPED HOUSE GALLERY 5-10-33-3F,Roppongi,Minato-ku,Tokyo
〒106-0032東京都港区六本木5-10-33-3F
Tel:03-3405-8108 Fax:03-3403-6354
http://striped-house.com/

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

ブッフェテーブルの補修

IMGP3109.jpg

本日は某ホテル様にて夜間作業です。
レストランで使用するブッフェテーブルの補修です。
最近夜間の補修をするのですが
時間の感覚と、自然光で見た時にも耐えられる色作りが難しいですね。


ここの最寄り駅は都内でも最大級の大きさの地下駅で、目的の出口まで15分くらい
かかるのですが、終電で、ここで下車する人は全くおらず
怪しい荷物かかえているので、相当怪しまれてる感じでした。

IMGP3127.jpg

こちらがビッフェテーブル。
大き目なので、移動の際にキズがつきやすい感じですが
色々な業者さんが直した跡があり、これを落としてから…
というのが、かなり厄介です。

ane523.gif

ペンで直してある上に、厚めの塗膜があり
削って行かないと消えません。
最終的に線の深めのとこは充填材
浅めのところはサンディングシーラーで消して行きます。

IMGP3147.jpg

こちらはテーブル表面。
角を一生懸命直していると…

IMGP3149.jpg

すぐとなりに大きな凹みが…!
という具合に、きりなくキズがあります。

IMGP3153.jpg

表面の石のカケ。
あね523-3

あまり石の補修はやらないのですが
石用のAKEMIというパテを埋めて
それっぽくしました。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

テーマ : リノベーション
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム