スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅リフォーム時の補修。扉、窓枠

もう3月。まだまだ寒暖の差がはげしいですが
皆様体調を崩したりはしてはいませんでしょうか?

当方、ちょっとした補修作業でも「塗装用マスク」を着けたり
気をつけているつもりなんですが…

先月に入ってから随分忙しくなって
新しい業者さんとお仕事する機会を沢山いただいており、
その際に、はじめて会った方の前でマスク着けているのは何だか失礼かな?(笑)
なんて思ってマスクをせず、しゃべりながら作業していると
作業後に微熱っぽくなってフラフラになっている事があります。

〜とサザエさん次回予告のような出だしにしてみましたが、

今回は一戸建てリフォーム時の補修です。
メインは窓枠の塗装なんですが、
床や建具の細かい補修も多く、丁寧に仕上げて行きます。

15t2t28iogi1.jpg

こちらは扉表面のはがれです。

15t2t28iogi2.jpg

ハードワックスを使って直して行きます。

15t2t28iogi3.jpg

艶を合わせます。

15t2t28iogi4.jpg

完成。

今回は発見したらすぐ直す「メイン+α」という感じで依頼いただきました。
こういった細かい補修箇所はリフォーム完成寸前でないと
なかなか発見されず、完成寸前の何日かで入るといろいろ出て来ます。


15t2t28iogi5

こちらが今回のメイン。
窓枠の結露の補修です。

15t2t28iogi6

大分黒ずんでいますが、凹凸は少なく
作業がスムーズでした。

15t2t28iogi7

塗装して完成。
少し色の彩度が高い仕上がりになってしまいましたが…

15t2t28iogi8

サッシを取り付け後です。
新しく取り付けたサッシと偶然のように
ピッタリの色でした。



スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

フローリング、和室天井の補修 (幕張)

もう、年末ですね。(+_+)補修の仕事、結構忙しめです!
すっかり風邪ひいてしまいました。(~_~;)
そんな中、とても寒そうな現場に来てます。幕張本郷というところです。

まくはり1
窓からの風景…

まくはり2
makuhaaa.gif


今回、特に珍しいキズも無かったのですが、
こういう床のキズが無数にあり
3LDKの家なので、地道に一部屋づつ潰して行きます!!

まくはり4
まくはり3

こちらは、和室の天井です。テープか何かを剥がしたあとです!
ちなみにこの、しるし付けた青のマスキングテープを剥がしたら、
やはり同じような跡がついてしまいました(@_@)

この補修が今回、少し珍しい部類ですが
マンションの和室の天井は、無垢材に簡単な色付きニスの様なコーティングをしている
ような仕上げになっています。
(なのでマスキングで表面の剥がれるのですが)

本来、充填材で直すと簡単なのですが

脚立を持って来なかったので、常に携帯している
折りたたみの台座で作業です。
この高さだと、充填材の微妙な研磨をするのが困難なので

アクリル絵の具で下地を作り、ファーバーポリクロモスという
画材の色鉛筆でぼかして行きます。

その後フィキサチーフで定着させていきます。


きゃたつ
konnte.gif

※このファーバーポリクロモスは普通の色鉛筆やパステルに比べ、顔料に粘り気があり、石の様な面にも定着するそうです(←さすがにそこまでは無理だと思いますが…)なので、補修の補助材料として、微妙なニュアンスを付ける時に使います。注意しなくてはいけない点は、定着させる為に艶スプレーを吹かなければならないのですが、その際に描いた部分が溶けてどす黒くなってしまいます。ですので、フィキサチーフで少しずつ定着させて、最後に軽く艶スプレーをふくかんじです。
扱いやすい素材で、描いている時はそれっぽくなりやすいので、うちの様な美大出身の連中は、やり過ぎてハマッてしまう。危ない補修材でもあります。

makuhari.gif
こおこ
こちらも床のキズです。
同じ色を大量に作ったので、すぐに直りますが
今日は一日床をはいつくばって、こういうキズを直していました。
あれd

まくはり9
10時~16時で作業終了!
昨日は冬至だったそうです。
早く温かくならないかな~

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

賃貸退去後の補修(津田沼)

IMGP2123.gif

津田沼の3LDKファミリータイプのマンションです。
90年築くらいの建物です。

この日は一日使って直せるだけ直すのですが
細かい箇所が無数にあり、一部紹介でです。

賃貸でこれだけ広いと、いくら奇麗に使っていても、いろいろあるもんです

クロスは全部張り替えて、後はうちの補修だけでかなり直ります。

津田沼1

(左)LD扉の下部分がめくれています。
(右)洗濯機の跡。シンナーでもおちなかったので、部分塗装してごまかしました。

津田沼2
床…充填材で埋めて、スプレーでコーティングし、これが無数にあり、最も時間がかかりました。

IMGP2133.gif
扉、蝶番部分の割れ。
何らか内装屋さんが接着した跡があるのですが、微妙な表面の段差があります。
通常の補修屋さんですと、充填材のみで短時間で直せるのですが
うちは、建具、扉に関して、搬入+取り付け+調整+補修まで長期間にわたって管理した
事があるので、建具は可動が激しいので、充填材のみですと1年もすると補修箇所が
劣化してしまいます。
ですので、うちでは面倒ですが、強固なパテ埋め+再塗装を行います。


IMGP2136.gif
パテ埋め後、研磨し木目を再現する塗装をしていきます。

IMGP2154.gif

完成。この角度からではなく、立ち上がった時の下目線で変にならないように
帳面の反射を意識して仕上げます。

IMGP2140.gif

床のささくれ…依頼元さんからは生活していて、靴下などがひっかからないように補修
してくれれば良い。木目とかは良いです。と言われたが…
IMGP2150.gif

結局木目まで書いてしまいました。少しテカっていますが、翌日全面ワックスかけるので
わからなくなるでしょう

IMGP2160.gif

今回、千葉方面に久々に来ましたが
駅前にいろいろなお店あって…特にトイザラス行きたかったのですが
疲れたので、一目散に帰りました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

久しぶりに豊洲☆(幅木の補修)

豊洲1

今回は職人Bが出動!豊洲のタワーマンションです(まるでホテルみたいな造り)

豊洲は4年くらい前に現場作業で通っていたときの記憶しかなくて
みんな建設中だったし、あの時は何にもなかったのに~
びっくり!!


豊洲2

廊下~リビングの幅木角かけキズ
搬出の時に何かをぶつけたのかな

豊洲10

多少けずってキズを整えます
寄るとこんな感じ

豊洲3

木のけばだちをペーパー(これは350番くらい)でおさえて下地作り完了

豊洲4

充填していきます。充填材の固さに秋の深まりを感じてしまう
(夏は柔らかいから~
角作りだから盛り気味で

豊洲5

そして。。。コーボルトおろしました
楽しみにしてたんだ~ 良いでしょう

豊洲6

角作りに最適の鋭角!!!キャッホーー

豊洲9

形を整えたら余分なワックスや汚れを拭い取って
キレイにしましょう。スプレーをかけて。。。

豊洲8

完成~
他の幅木と揃えて1.5ミリくらい面のある角になるように
整えました

豊洲7

正面いかがでしょうか?

今回は豊洲がこ~んなに異空間になっているなんてビックリ!
2、3年で街ってこんなに変わるんですね~
ららぽ~と、とか お城みたいなのとか
未来的なんだけど

道幅の広さや、あちこちのバリアフリーとか
も見えるし。優しい感じもした。

我が家は下町の真ん中にあるので
普段の風情のある景観とはまったく離れて異空間でした。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

補修から一年経過後の状態(ワゴン)

球場


結婚式場で使うキャスター付きのワゴンの補修です。

結婚式のテーブルにはビール、ワイン、ウーロン茶などが置いてありますが
壁際にこういうワゴンがあり、水割りやオレンジジュースや、多種のドリンクが置いてあるアレです。

このワゴンは倉庫から出て来た、随分使い古したものです。
これをこの新しい会場でも使えるよう、復活させます!!

デモ3-2
デモ3-4
デモ3-5

ぶつけ、すりキズ。アルコールや水分による表面の塗装の弱りが目立ちます。
デモ3-7
1、サンダーを使い、キズの多い角を平にしていきます。
細かいキズがなくなるまで、木部の表面が見えるほど削り角を再造形していきます。
どうしても、深い傷はエポキシパテを埋めます。
(※今回角はベタ塗装するので形のみ整えてますが、木目を出した塗装をする場合は
完全に木部の表面が出るまで削ります)

デモ3-8
2、シンナーで表面の汚れや塗装を落として行きます。

ヘラや布を使い、木部をキズつけないよう慎重に行います。
(※こちらも完全に修復するには、木部の表面が見えるまで塗装を落とし研磨→茶色い塗装→ウレタン再塗装します。今回は元々の表面を最大限まで生かし、ツヤを整える程度です。)
デモ3-9


3、マスキングし、角を塗装。


デモ3-11
デモ3-13
4、完成。マスキングをはがし、表面をツヤスプレーで整えます。





 一年前の様子。
角のスリキズや表面のコーティングのはがれが目立ちます。
一年後

 この日の補修後です。
サンダーで目立つ箇所を削り、再塗装+コーティングしています。
深いキズには強度の高いパテ「アルテコ」を使っています。

1年後2


 一年後の様子。
細かいぶつけキズなどはあるものの2010年の補修後とあまり変わっておらず
ビックリしました
というのも、ワゴンは使用頻度が高く可動式な上にジュースやお酒をこぼした
跡など掃除も頻繁にしなければなりません。
なので、ここまで奇麗な状態で保てるのは前回の補修がよかったのか?
会場のスタッフさんが大事に使っていたおかげなのか?わかりませんが
補修1年後の状態を見れる事はなかなかありませんし、貴重な資料として
残して行こうと思います。
偶然にも日付も同じですし!!

1年後3

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。