FC2ブログ

キッチンパネルキズ補修&スピーカー(ピアノフィニッシュ)補修×2台

2014kyoumen10t3t2.jpg

キッチンパネルのぶつけキズ補修。

最近は今までブログで紹介していた補修のやり方をベースに
少し(微妙な3点くらい)補修方法を変えて行うようになったのですが、
今までより少しスムーズに直せるようになって来ました!


2014kyoumen10t3t1.jpg

写真で解りにくいですが5mm程度のキズです。

新築住宅のキッチンパネルの場合
亀裂の補修(取り付け時の歪みのようにできたもの)
が多いのですが、これはぶつけキズです。


2014kyoumen10t3t3.jpg

補修後。
9時〜14時くらいの作業で、間3時間くらい塗料の乾燥時間です。

2014kyoumen10t3t5
補修後-拡大。


昔、鏡面補修の職人さんにやり方を教わった事があったのですが
その時のメモや写真で、ぼかし方について
「何でこんな工程が必要なのか?」という謎のポイントがあり。
ずっと理解出来なかったのですが、
今夏の間にキッチンパネル補修の機会が沢山あり、
いろいろ試す機会があったからか、その時に教わった微妙な工程が
「こういう事だったのか!!!」と急に蘇って来た感じで
理解できるようになり、作業がよりスムーズになりました。
とにかく途中工程で失敗しにくくなったという点が大きいです。


2014kyoumen10t3t4.jpg
補修後-全体。

いつも「勘」で作業してしまう
(あらゆる企業で最も嫌われるという美大上がり野郎特有の)癖があり
今回の改良点も勘で気づいた事なのですが
昔教わった鏡面補修の職人さんのノウハウの予備知識がなかったら
絶対気がつかない「勘」なんだと思いました。


最近はブログに工程を書き殴らないルールにしたので
ノートに書くようになったのですが
それをきっかけに
いろいろ問い合わせたり、調べたりする事も多くなり
↑のよう新たに気づく事も多くなって来ました。

ブログも整理しているのですが、(あまりやっていませんが)
昔のブログでコメントいただいたり、アドバイスのメールをいただいた
事が参考になっている事も多いんです、

次のスピーカー補修もその1つです。…


2014noapia10t3t1.jpg

スピーカーの角の割れ補修。

前に同タイプの黒スピーカーの補修がありまして
http://spanq.blog134.fc2.com/blog-entry-179.html
(スパンク日記のコンセプトの中では最高傑作のバタバタした補修の一つと思っています。)

仕上がった後に再び割れてしまうというトラブルがあったのですが
その日記について沢山ご意見のメールをいただきました。
それを参考に攻略法が解って来て、割れないように作業できるようになりました。

2014noapia10t3t3.jpg
補修後。
この通り。(ちょっと写真ぼやけてますが)

2014noapia10t3t2.jpg
補修後-拡大。
塗装の境目のムラもほとんどわかりません。

(これは最初のキッチンパネルの改良点を応用し、
やはり今までより綺麗に仕上げられるようになりました)


↓これは同タイプの別のスピーカー
2014noapia10t3t5.jpg

前の部分の角が割れています。

2014noapia10t3t4.jpg

しかし、このカットした部分くらい亀裂が入っていました。

2014noapia10t3t6.jpg

完成です。

いつもご依頼いただいているスピーカーの会社様には
本当にお世話になっています。
先月、有楽町でスピーカーのイベントに出品との事で
かなり楽しみにしていて、家族で行こうかな〜なんて思っていたんですが
先月(前回の日記の)パスポート取得などでバタバタしていて
思いっきり忘れてしまいました!!!

今月もイベントがあるそうで、必ず参加しようと思います。
「オーディオ・ホームシアター展2014」
http://www.oto10.jp/

2014noapia10t3t7.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム