FC2ブログ

アイロンの焦げ跡補修(板橋区)

20121113-1jpg.gif

アイロンの焦げ跡の補修です。
表面に微妙な凹凸があって、木目がはっきりして、強固なフローリング。
なぜかこのパターンの床でアイロン焦げ跡のご依頼が多い様な…

とはいえ、とても直しやすいフローリングです。
小さなアイロンですが、4ピースにまたがっているのが厄介です。

20121113-2.gif

まずはできるだけ研磨して、塗料がつきやすいようにします。
そして4つのフローリングピースに合わせて微妙に違う4パターンのベース色を塗って行きます。
(下の1ピースはあとまわしに

塗料と床の艶が合っている状態で色を合わせて行くのがポイントです。

20121113−8

201211-13-7.gif

ステイン材で細かい木目を描いて行き、全体のトーンを落としていくと同時に
方向変色を意識して、様々な角度から見て描いて行きます。
途中、サンディングシーラーなどを吹いた上に再び描き進めると
より方向変色が防げます。

20121113-4jpg.gif

完成。艶スプレーなどで厚めにコーティングした後で
ワックスをかけて仕上げました。

14時〜17時の作業でしたが、完成時にはこんなに暗くなってました。
日がでてる状態でもう一度見たいですね〜

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

リフォーム・建築 ブログランキングへ

人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム