FC2ブログ

鏡面 黒スピーカー補修。半日の予定が計5日かかりました…

20139t2supikatka1.jpg

スピーカーの補修。
写真でわかりにくいですが左上部分に割れたような線キズがあります。

kurosupikamanyuaru23.gif

こんな感じです。

20139t2supikatka1t1.jpg

こちらはぶつけキズです。
今回はこの2カ所。4時間の作業とお見積もりしたのですが…
夢でうなされるほど
とんでもない修羅場を迎える事になります…(笑)



20139t2supikatka6_20130902011212491.gif

2液ウレタン(透明)を分厚く塗装した後にコンパウンドで磨き
こちらはすんなり完成。

20139t2supikatka4.jpg

ぶつけキズの方ですがエポキシパテで
埋めた後に2液ウレタンを塗装。

20139t2supikatka3.jpg

磨いたらこうなってしまいました!!
塗装前の目荒らしが甘かったのと
完全に硬化する前に磨いてしまった結果です。

かなり高級なスピーカーなので、ビビってしまいました。
1日目はこれで終了。



20139t2supikatka7.jpg
2日目。もう一度最初から丁寧に塗装し磨きました。
この写真では、かすかに塗装の境目が見えます。

20139t2supikatka8.jpg

さらに入念に磨き上げ
塗装の境目を無くしました!

2日目終了。
これで完成…と思いましたが!?


20139t2supikatka9.jpg

後日、最初に直した亀裂が直っていないという連絡があり
「そんなバカな!?」と思って行ってみると
同じ場所に亀裂が!?
亀裂付近を思い切ってカッターでえぐってみると
亀裂付近の中身が石膏がくだけたようにボロボロになっていて
これは、表面皮一枚だけでなく内部から整形する必要があったみたいです。

虫歯でいったら表面に金属入れて直した後、レントゲン撮ったらもっと奥が炎症おこしていて
結局、神経抜くくらいの治療だった?みたいな?
最近歯医者通いはじめました…


kurosupikamanyuaru1.gif

この図のとおり
キズまわりを大きくカットし再造形します。

20139t2supikatka2.jpg

エポキシパテ。もっと黒いのもあるのですが
想定外で持っていなかったのでグレーのものです。

20139t2supikatka10.jpg

〜それもあってか、黒ウレタンを少し分厚く吹きすぎてしまいました。

確実に仕上げるため、磨くまで1日乾燥させようと考え
ここで3日目終了。


そして翌日…

20139t2supikatka12.jpg

何じゃこりゃー!!
表面がブツブツになっています。

最初の目荒らしが甘かったのか、分厚く塗装しすぎたのか
はたまた塗装直前にエアブラシをはくり材で掃除したのか…原因は不明。

kurosupikamanyuaru2.gif

う〜ん。厚すぎたのかなぁ〜?

20139t2supikatka18.jpg

磨きあげると、凹凸ができてしまい
かなり危険な状態に!
これは目荒らしが足りなく
定着している部分としていない部分にムラがあるのが
原因と考えました。

この日は、塗装した部分をすべて削り落とした後に
薄〜く黒を塗装して4日目終了。


そして5日目

前日の削り落とした研磨が
良い目荒らしになり
定着加減と厚さも完璧だったのですが
コンパウンドでの磨き作業の際
白い汚れのようなものがどうしてもでてしまいます。
もしや、磨きすぎて地が出て来てしまっているのでは?
とも思いましたが、ちょっと違います。

絶体絶命かと思ったのですが

2液式黒ウレタンを磨いて仕上げるのがそもそも不可能なのでがないか?
黒の塗装の上に透明を吹き、透明部分を磨いたらなんとかなるのでは!?


という仮説をたてました。

20139t2supikatka14.jpg

その仮説が正しかったのかはわかりませんが
今まではまっていたのがうそのように仕上がりました。


supikamanyuarut3.gif

普段、この方式は白いキッチンパネルが多いのですが
白い汚れはおそらく毎回出ているのですが
目立たないだけで、今回黒だった為に目立ったのだと思われます。


20139t2supikatka20.jpg

完成!

この帰りに一人で呑みにいってしまったほどうれしかったです!!


■小さい塗装前でも目荒らしをきちんとする。
■分厚く塗装しない、その為にパテは最大限色を合わせる。
■色のついたウレタン、透明のウレタンを使い分け、
最終層は透明ウレタンで仕上げる。
■スピーカーの金額にビビらない


これが今回の教訓です。
スポンサーサイト



テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム