FC2ブログ

茗荷谷の物件 (扉)

DSC00807.jpg

茗荷谷近辺の某物件。
レトロな感じで高級なマンションです。
本日は、洗面、バス、トイレの扉の補修です!


DSC00760.jpg
DSC00759.jpg

すべて水回り関連の扉ですが、長年の湿気などで、下部が割れたりしています。

DSC00761.jpg

蝶晩のコピー

こういう時は扉をはずして作業するのですが
蝶番が変わっていてはずすのに苦労しました
図にしてみました。
●左側の方が通常の蝶番(KAWAJUNなど)
●右側が今回の蝶番。

建具(扉)には詳しいと思っていたのですが、こんなのははじめて見ました。
リフォーム、リノベーションの現場に入っていると、
古いスタイルのいろんなパターンにで出くわして面白いです。

なんか、無理矢理外してしまいましたが、建具屋さんが見たら蝶番が曲がる!
とか言われて怒られるかもしれません。



DSC00777.jpg

エポキシパテやアルテコジェルなどを使い、入念に整形していきます。
湿気などで見えない部分まで割れているので、ボンド(アルテコなど)で固めていきます。
この写真でわかるように「タンパン張り」という表面で表面にスライスした本物の木を張ってあります。
湿気で少し割れてはがれかけているのですが、本物の木なので、いろいろなやり方で修復できます。


やり方

①表面がえぐれています。②↑上の写真の状態。パテ埋めし、研磨した状態です。
③木部の薄い部分の色に合わせ、ペンキ(薄め)で塗装します。④最大限色を合わせます。
⑤木目を描いていきます(ペンキでなくステイン材など透明な塗料がやりやすいです)
※キズが小さい場合は③④のペンキ塗装をはぶき、ステイン材のみで塗装できます。
⑥サンディングシーラーと艶だしスプレーを使い、艶を合わせ完成です。


DSC00775.jpg

パテ埋めしては研磨、パテ埋めしては研磨
と、平らになるまで繰り返します。
DSC00776.jpg

黒い扉はペンキ+ステイン材などで着色し、つやスプレーでつやをあわせていきます。
白い扉はアイカスプレーを吹いて色合わせしていきます。

DSC00787.jpg
DSC00805.jpg

完成です。
本日は近くにあった喫茶店で昼食。

文京区小石川5-6という地点なのですが、地図にのっていない店で
ネットで2時間くらい探したのですが、なんという名前のお店なのかわかりませんでした。
『特別な火曜日』と店の扉に書いてあって、それが店名なのかと思ったのですが
よく考えたら、店名ではないよなぁ
無縫庵というナイトクラブの隣です。

どなたか、ここ知りませんか?


P2010_1002_125427.jpg
P2010_1002_121801.jpg
年輩のご夫婦がやっていて、このハンバーグとか懐かしい味でとても美味しかったです。
ご主人が元大工さんで、↑のような変わった作りなんだそうです。

P2010_1002_121538.jpg




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム