FC2ブログ

テーブル焦げ跡補修。 ウォールナット

2013otowateburu12t7t1.jpeg

ウォールナット材のテーブルの補修。
天板の焦げ後補修です。

ウォールナットは方向変色おこしやすいので
難しいですが、艶が半艶くらいなので表面の
塗装は合わせやすそうです。

2013otowateburu12t7t2.jpg

経験上、ここまで焦げていると
表面を掘ってパテ埋めしなければならないのですが…

2013otowateburu12t7t3.jpg

なんと…サンドペーパーで
丁寧に削ると、焦げは取れました。
床材と違って、表面のコーティングが強固なので
表面皮一枚で焦げが止まっていたみたい。

左の部分、少し掘っちゃってから気がつきました!

この後これに苦しめられる事に!

2013otowateburu12t7t5.jpg

掘った部分を中心にポリパテで色を作り
充填していきます。

2013otowateburu12t7t7.jpg

補修箇所まわりを研磨し、サンディングシーラー(2液)塗装後

掘ってパテ埋めした部分の木目をステインで描いて行きます。

写真の中央のやや黄色っぽい部分が
描いている部分。
※2,3枚目の写真と180度違う箇所から撮っています。

そしてウレタン(2液)塗装で仕上げます。

1コ前の写真から5時間かかってます!

この角度からは違和感ありません、しかし…

2013otowateburu12t7t8.jpg

別の角度から見ると
このとおり、このくらい暗くなってしまいます。

ゴールドなどの顔料を混ぜたり方向変色対策しましたが
このくらいが限界!
気のふしっぽくぼかしたつもりです。

いかがでしょうか?


2013otowateburu12t7t9.jpg


黒く沈むのはこの家の中で
先ほどの角度からだけなので
ほぼ違和感ありません。

ウォールナットはできるだけ、埋めて直さない方が良さそうですね。


年末の忙しい時期
突然ですが、美術の展覧会をやります。

補修とは関係無いですが
塗装を応用したようなものも少〜し、あります!

お近くにたちよられた際はぜひ!


マツバアキノリ展2


 2013年12月17日(火)-26日(木)
10時ー18時30分
 日曜、祝日 休廊

ストライプハウスギャラリー STRIPED HOUSE GALLERY 5-10-33-3F,Roppongi,Minato-ku,Tokyo
〒106-0032東京都港区六本木5-10-33-3F
Tel:03-3405-8108 Fax:03-3403-6354
http://striped-house.com/
スポンサーサイト

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム