FC2ブログ

アイロンの焦げ跡補修。引っ越し寸前での作業です。

koisikawa14t2t9t1.jpg

アイロンの焦げの補修。
少し前からメールいただいていた件だったのですが、
作業は引っ越しの当日の朝となりました!

朝7時〜10時の作業です!!

同じ区内だったので、朝早い分には問題なかったのですが
バスが無い…という事で自転車でお伺いしました。
(電車で行くとものすごく遠回りだったので)
補修道具をリュックに詰めて、文京区の坂はキツかったです…

普段いろいろ遠くまで行くので体力には自信あったのですが
瞬発力は無いようです…


koisikawa14t2t9t2.jpg

研磨したら落ちるかと淡い期待をしましたが落ちず…
(このパターンで落ちる事は20件に1件くらいです。)
ラッカー塗料をエアブラシで塗装。



koisikawa14t2t9t3.jpg

こういった感じで
1ピースずつ塗装していきます。

koisikawa14t2t9t4.jpg

一番上のピースはタッチアップ(筆で塗装)で微妙に色をつけます。


koisikawa14t2t9t5.jpg

木目を描く
その1
薄い茶色のステインで全体になじませるように
下書きのような感じで細かい木目を描く。
※この作業で、遠くから見ても違和感のないように
慎重にぼかして行く感じです。


koisikawa14t2t9t6.jpg

その2
今度はもう少し濃い茶色(黒に近い)で
木目の形を明確に描いて行きます。


koisikawa14t2t9t7.jpg

ラッカー艶スプレーを塗装してコーティングしていきます。
エアブラシで塗装した場合
表面はほとんど艶がありません。
この工程で艶が上がるのですが
艶が上がると全体の明度が上がるので

最初のベース色を
気持ち暗めに設定していると上手く行きます。

koisikawa14t2t9t8.jpg

完成。
9時くらいに終了。
ちょうど引っ越し屋さんが来たので
ギリギリセーフでした!!


スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/14 08:47)

文京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム