FC2ブログ

披露宴会場 補修。 テーブル、絵画の額補修など。

20143t30geihinkant7

結婚式場の補修。
いつもご依頼いただいてる横浜の結婚式場
(ブログの「家具内装キズ補修」と書いてあるプロフィール写真に勝手に使わせていただいている

と同じグループの今度は藤沢市の会場です。

全国にいくつもの会場を運営されている会社さんなのですが
ここ藤沢のホテルが1号店、平成8年オープンなんだそうです。

スタッフの方々は「ここは古いんで〜」と言われるのですが

平成8年てそれほど古い感じもしないですが…

もっと古い会場も沢山入っていますし…

でも今、平成26年かぁ…


20143t30geihinkant10

結婚式会場は人の出入りが激しいので
こういったワゴンなどの
ぶつけキズが非常に多いです。

今回はとにかく目立つところを中心に2名×2日間入りました。

20143t30geihinkant8

まずは、最初の写真のテーブルの角のキズ補修。
これは新郎新婦のテーブルの正面、
すぐに直りました。

20143t30geihinkant9

結婚式の時は花などで隠れるので
あまり気にはならないそうなのですが

見学で来られる時に

何も設置していないので

旦那さんの方が、こういったキズを気になり出す事が
多いのだとか

なんかわかる気するなぁ…

見学の時、男の立ち位地って微妙ですもんね…



20143t30geihinkant11

サイドテーブル。
写真ではわかりにくいですが

最初にお見積もりに行った時に

これはひどいかも?〜と真っ先に目に入ったテーブル。

ペンキをコロコロで塗ってあるだけで、表面も剥げて来ていて

ちょっと文化祭を思い出させる雰囲気になっている。
(いろいろ失礼な事言ってスミマセン)

これも、結婚式中は布で覆われるので

何ら問題はないのですが、

やはり、見学の時に気になる感じです。


20143t30geihinkant12

一度塗料を剥離させて再塗装しました。
塗装が4層くらいになっていて、最初はDIYでウレタンなどの強固なもので塗装しているのですが、
だんだん簡易的になって、最終的にはペンキになったという感じです。
初期の塗装が意外としっかりしていたので、これだけで半日かかりました。

20143t30geihinkant13

こちらのワゴンもだいぶ表面が痛んでいます。

20143t30geihinkant14

先ほどのテーブルやこのワゴンは厨房奥の非常口のような所で
塗装させてもらったので、ラッカーを使ったのですが

やはり、別会場に臭いが行ってしまい
ちょっとざわついてしまいました。

会場内はすべて水性のもので直しているのですが
それでも臭いに違和感が出るそうです。

今回20項目くらい直したのですが
すべて良く仕上げられましたが、この臭いで問題にならなければ良いのですが…

今回は全体のわずかな補修でしたが

随分会場が若返った気がします。


20143t30geihinkant1.jpg

今回、いろいろありすぎて
補修工程を紹介できなかったのですが

ここで1つ…
ルノアールのレプリカです。


20143t30geihinkant2.jpg

額の一部が欠けていて
絵の具の金色が塗ってあります。

20143t30geihinkant3.jpg

エポキシ&ポリパテでウネウネの割れている部分を再現。

20143t30geihinkant4.jpg

形に合わせて研磨していきます。
20143t30geihinkant5.jpg

それっぽく塗装。

20143t30geihinkant6.jpg

はっきりいって、こういうの得意です。(笑)

スポンサーサイト

テーマ : リノベーション
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム