FC2ブログ

キッチンパネル焦げ跡+床の結露補修。

2015t5t9tgwzengo2.jpg

ゴールデンウィーク前後2件の補修です。

まずは、キッチンパネル

この日記でたまに書いている、キッチンパネルの補修は、
新築(もしくはリフォーム直後)のものが多いのですが、
今回は賃貸のマンションで、年季の入ったものです。
破損してる面積も大きいです。


2015t5t9tgwzengo4.jpg

100mm×50mmくらいの焦げと、そのまわりに亀裂がたくさん。

焦げの部分はそれほど大変ではなかったのですが
この亀裂をおさえるのに時間がかかり、塗装前に何度もパテ埋めしました。



2015t5t9tgwzengo5.jpg

補修後。

このキッチンパネルは、薄いグレー色の模様(大理石調の)であり
微妙に違う3色くらいを塗装して仕上げたのですが
この模様によってボカしやすく、仕上げるのが楽でした。
模様もコントラスト強いものや幾何学的なものは難しいですが、
このくらいだと、内容によっては単色よりも作業しやすいかもしれません。


2015t5t9tgwzengo3.jpg

全体的なツヤも問題なく仕上がりました。

先ほど、模様の話をしましたが
最新キッチンパネルで、模様が特殊すぎて
今のところウチでは補修不可能なものもいくつかあります。
(♯600で軽く研磨しただけで模様が消える、幾何学模様、
おまけに模様にパールが入っている(パールだから研磨で消えるんだと思いますが)という
という代物で、これはいまのトコお手上げです。)
メーカーからサンプル送っていただいているんですが
攻略法が見つけられない…
まだまだ研究が必要です。




2015t5t9tgwzengo6.jpg

こちらは洗面の床のハガレ補修。

今年になってから、20代の方々だけでやっている会社の
依頼 というパターンが何件かあり、これもその一つ。
内装以外に外壁、屋根などの塗装を専門に行っている会社です。

若い方々とお仕事で何だか気合いが入ってしまいます!

通常の補修工事ですが
塗装会社の皆さんと補修の研究会のような形に!
こちらとしても、非常に参考になる事が多く
今後もこういった機会が増えて行けば良いなと思います。



2015t5t9tgwzengo99.jpg

木の内部がスカスカになっていたので
かなり深くまで掘るように削り
パテ埋め、塗装。
(この溝は再び彫刻刀で掘ったものです。)

2015t5t9tgwzengo7.jpg

仕上げ
お風呂場と洗面の間の所なので
強度を高めるため、時間をかけて仕上げました。



2015t5t9tgwzengo1.jpg

例年のゴールデンウィークは特殊な場所の補修
(ホテルの空いている宴会場などを複数名で一気に入るとか)
を設定してたのですが
今年は4日間休ませていただきました!
しかし、都内はどこも混んでいて、地獄のようでした。
ホント…古墳とか行けば良かった…

〜というわけで、写真は最近の仕事の中で最も遠かった
群馬県桐生市。 
駅の中に本物の竪穴式住居跡が!!!?
スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム