FC2ブログ

扉表面割れ補修。2016年9月

2016hakusant9t6t1.jpg

扉の割れ補修。

最近、このパターンの日記が多いですが、今まで禁じ手としていた
微妙な調整のやり方を取り入れたら(床などは変になってしまうが建具には有効と気がついた点)
以前よりスムーズに作業が進められるようになり、
凝っている感じです。



扉下部が3カ所割れています。

2016hakusant9t6t7.jpg

割れている部分をカット。
ちょうど内部に木材が無く、割れやすい位置であったようです。

2016hakusant9t6t3.jpg

扉内部の木材は30mmか28mmが多いです。
28mmは30mmをカンナで削って調整しています。

2016hakusant9t6t6.jpg

内部に木材を埋める。

割れている部分を固定します。

2016hakusant9t6t2.jpg

ベニヤ板とパテで、表面を平滑に。

ここまで全体の4分の3くらい時間を使っています!

2016hakusant9t6t4.jpg

表面塗装。

2016hakusant9t6t8.jpg

木目再現、ツヤ調整して完成。

2016hakusant9t6t5.jpg

フラッシュで撮った写真。

完成時にはすっかり夜になってしましました。
肉眼で違和感無い場合でも、デジカメで撮ると色が違っていたりします。
肉眼、デジカメ、デジカメのフラッシュなどで確認します。


2016hakusant9t6t11.jpg

LD扉割れ補修。

2016hakusant9t6t12.jpg

木材を埋める。

2016hakusant9t6t13.jpg

パテ埋め。

2016hakusant9t6t14.jpg

表面塗装。

2016hakusant9t6t15.jpg

木目再現。

2016hakusant9t6t16.jpg

完成。


ここのところ手狭になって来たので引っ越しを考えております。
ウチの近所は1969年とか72年築なんて当たり前、
古い物件が沢山あり、そういった所はスケルトンからのリノベーション(フルリノベーション)
してあるのですが、これがなかなか魅力的に見えるんですね。

ウチの仕事の4分の1くらいはフルリノベーションの物件で
(あまり書くほどのネタにならないものが多いので<ビス穴間違いとか…>日記では紹介していませんが)
増えています。

補修で現場に入るのと違って
物件探しで不動産屋さんと見に行ったりしていると
いつも入っている現場も見え方が変わってくるのでした…。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム