FC2ブログ

建具補修

RIMG0038.jpg

難易度★
こちらは最近できたばかりの、足立区にある800戸以上部屋数のある巨大マンションです。
本日は、販売後の住戸のメンテナンスに行ってきました。
写真ではわかりにくいのですが、微妙な角のすりキズがあります。


昨年はこのマンションにて補修だけでなく建具部門の「職長」として採寸、搬入、取り付け、メンテナンスまで長期にわたり管理しました。
建具に関しては補修以外にも音なりやガタツキの調整もすっかりできるようになってしまいました
建具とは…扉とその枠のセットの事です。「どこでもドアー」一式セットの形態です。窓やらフスマなども建具なのですが、内装業界では部屋の中の木製の扉と枠セットを建具と言いってます。木建ともいいます。



今回は筆で、透明な黒色を塗る程度だったので、補修行程ではなく
このマンションでの建具のキズをいくつか紹介します。


たてぐのコピー

1、すりキズ(何らかの搬入でついたもの。もしくは何ものかのいやがらせ?)難易度★★
2、表面のシートのめくれ(ぶつかりによるもの)難易度★
3、蝶番取り付け時に、ビスが斜めに入り、しばらくして表面が割れて来たもの。難易度★★
4、下部のつぶれキズ。(取り付け前の移動などによるもの)難易度★
5、上部のシートのめくれ(湿気か、扉調整時に工具でついたもの)難易度★

いずれも、施工時についたキズです1、2、5はワックス(高温でとけるロウのような素材)で直します。3、5は可動時に負担がかかるので、エポキシパテなどで強度の高い表面を作った上でステイン塗料(インクのような透明の塗料)などで塗装します。

heya.jpg
このように、マンションの一室には木製扉が8枚~大きいとことだと15枚くらいあります。
枠は内装の最初に取り付け、扉は最後に取り付け、床、ボード、クロスなど、全部の業者と関わるので建具管理はとても根気がいります。
ざっと一万枚くらい扉を管理した事になります


このマンションは「東京スカイツリー」が見えるのが売りですが
今回入った部屋からでは微妙に見えない…
施工時に業者責任者として1年以上出入りしていたのですが
他の業者さんがとても活気があって、とても良い方達ばかりで、
補修以外の事をいろいろ教わり、とても勉強になりました。
デベロッパーの方も、大型マンションにして問題がおこらない
稀にみる良い業者ばかりだったとほめていただきました。
そういう場所だと住む人もきっと良いオーラが生み出せると思います。
とても良いファミリータイプのマンションです。
RIMG0036.jpg
RIMG0041.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム