FC2ブログ

フローリング、和室天井の補修 (幕張)

もう、年末ですね。(+_+)補修の仕事、結構忙しめです!
すっかり風邪ひいてしまいました。(~_~;)
そんな中、とても寒そうな現場に来てます。幕張本郷というところです。

まくはり1
窓からの風景…

まくはり2
makuhaaa.gif


今回、特に珍しいキズも無かったのですが、
こういう床のキズが無数にあり
3LDKの家なので、地道に一部屋づつ潰して行きます!!

まくはり4
まくはり3

こちらは、和室の天井です。テープか何かを剥がしたあとです!
ちなみにこの、しるし付けた青のマスキングテープを剥がしたら、
やはり同じような跡がついてしまいました(@_@)

この補修が今回、少し珍しい部類ですが
マンションの和室の天井は、無垢材に簡単な色付きニスの様なコーティングをしている
ような仕上げになっています。
(なのでマスキングで表面の剥がれるのですが)

本来、充填材で直すと簡単なのですが

脚立を持って来なかったので、常に携帯している
折りたたみの台座で作業です。
この高さだと、充填材の微妙な研磨をするのが困難なので

アクリル絵の具で下地を作り、ファーバーポリクロモスという
画材の色鉛筆でぼかして行きます。

その後フィキサチーフで定着させていきます。


きゃたつ
konnte.gif

※このファーバーポリクロモスは普通の色鉛筆やパステルに比べ、顔料に粘り気があり、石の様な面にも定着するそうです(←さすがにそこまでは無理だと思いますが…)なので、補修の補助材料として、微妙なニュアンスを付ける時に使います。注意しなくてはいけない点は、定着させる為に艶スプレーを吹かなければならないのですが、その際に描いた部分が溶けてどす黒くなってしまいます。ですので、フィキサチーフで少しずつ定着させて、最後に軽く艶スプレーをふくかんじです。
扱いやすい素材で、描いている時はそれっぽくなりやすいので、うちの様な美大出身の連中は、やり過ぎてハマッてしまう。危ない補修材でもあります。

makuhari.gif
こおこ
こちらも床のキズです。
同じ色を大量に作ったので、すぐに直りますが
今日は一日床をはいつくばって、こういうキズを直していました。
あれd

まくはり9
10時~16時で作業終了!
昨日は冬至だったそうです。
早く温かくならないかな~

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパンク・リペア

Author:スパンク・リペア
簡単なリフォーム!
都内近郊での木部、その他インテリアの補修。

芸大、美大卒、若手美術作家中心で少数精鋭のリペア団体です。
素材について日々研究しています。

※こちらのサイトは素材研究の為やっていますので
こちらからは仕事の受注は受けてません。
もし、ご要望があればコメントいただくか
spanqsya@gmail.comにご連絡ください。




監修:松場昭典(美術作家)
東京芸術大学油画卒業、同大学大学院壁画専攻修了。
SpnQ代表。展覧会多数。
素材を様々な視点から検証し、長年保つ画面を研究しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム